ホーム | 日本茶の種類について »

2016年6月 7日

私と日本茶

日本茶は、ほかの海外のお茶とは違って、とても新鮮な味が魅力的だと私は思うんです。
海外のお茶は、発酵させているようですが、日本茶は、基本的に発酵はさせずに作るみたいですね。

そのためなのか、お茶の味そのものの風味が生かされている気がします。

ただ、緑茶って、値段によって味が本当に違うんですよね。
安いものは、本当に味に納得ができないものが多くて、高級品は、本当においしいんです。

この差は、どこにあるんでしょうか?

あまりにも安い煎茶を飲むなら、私は玄米茶のほうがおいしい、と感じます。
だから、毎日飲むものは、最近は玄米茶が多くなっています。

最近では、ティーバッグに入っていて、お湯を注ぐだけで簡単にお茶ができるものもありますね。
意外と、これが美味しかったんです。

私にとっては、このティーバッグのお茶でも十分美味しいんですが、最高級のお茶は、きっと比べ物にならないくらい、美味しいんでしょうね。
ただ、あまりにも高いお茶を飲んでしまったら、きっと今までのお茶が飲めなくなってしまいそうで、それが不安で試すことができません。

だから安くて、しかも美味しいお茶を探し続けています。

このブログ記事について

このページは、お茶が2016年6月 7日 19:42に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「日本茶の種類について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。