2016年6月アーカイブ

2016年6月13日

日本茶をおいしく淹れる方法

ここでは、日本茶の種類ごとに、おいしい淹れ方を紹介してみましょう。

玉露
玉露をおいしく飲むためには、まずは待つことが肝心です。
最初に、あらかじめ急須の中にお湯を入れて温めておきます。
お湯を捨て、茶葉を適量入れます。
次に、40度から50度位にさましたお湯を注いで、2分から3分、ふたをして蒸らします。
茶葉が広がり始めたら、お茶のうまみが出てきた合図です。
あらかじめお湯を入れておき、温めておいた茶碗もお湯を捨てて、お茶を少しずつ入れます。
最後の一滴まで残さず、入れきるのがポイントになります。

煎茶
煎茶のポイントは、茶葉やお湯の量、お湯の温度に気をつけることです。
急須はあらかじめ温めておき、6グラムから8グラムの茶葉を、きちんと計量して入れます。湯飲み茶碗もあらかじめ温めておきます。
60度から75度に冷ましたお湯を急須に注いで、ふたをして、30秒から60秒くらい、好みに応じて蒸らします。
急須の中を見て、茶葉が全体的に鮮やかな緑に変わって、茶葉が開けば入れ時のタイミングです。
茶碗に注ぐときには、最後まで注ぎきりましょう。

番茶
番茶はあまり蒸らさずに、短時間で淹れることがポイントです。
急須は温めておき、茶葉を6グラムから8グラム入れます。
湯飲み茶碗も温めておきましょう。
85度から100度の熱湯を注いで、ふたをしたら15秒から30秒くらい、短時間だけ蒸らします。
最後の一滴まで、ちゃんと注ぎきりましょう。

玄米茶
玄米茶は、熱めのお湯で、香りを引き立たせることがポイントです。
急須は温めておいて、その中に茶葉を入れます。
茶葉の量は、煎茶のときよりも少し多めに入れましょう。
お湯は、やかんから直接、熱湯のまま注いで大丈夫です。
急須に注いだ後、ふたをして蒸らします。
ほかのお茶と同じように、全部注ぎきりましょう。

日本茶全般の淹れ方のポイント
日本茶は、一般的には熱湯で淹れた場合、苦味、渋味のもとである、カテキンやカフェインが多く抽出されて、60度以下の低めの温度のお湯で、長めに茶葉を浸したときには、旨みの成分であるテアニンが多く抽出される、と言われています。
玉露、高級な煎茶などを淹れる時には、比較的ぬるめのお湯を使って、お茶の旨み成分を引き出して、また、普段飲んでいる煎茶、番茶、そしてほうじ茶などは熱いお湯を使って香りを出して、苦味、渋味が出すぎてしまわないように、手早く入れることがコツです。

2016年6月12日

よくわかる日本茶の歴史

お茶が始まったのは、古代の中国といわれていて、およそ紀元前3400年位のことです。
そのように誕生したお茶が、どうやって日本に伝わり、広がっていったのでしょう。

日本にお茶が伝わったのは、9世紀の頃と言われていて、平安時代の初めに遣唐使が持ち帰った、とされています。
ただ、その頃のお茶というものは、今のように普段の飲み物としてではなくて、薬として飲まれていました。

中国で、茶葉を粉にして飲む「抹茶法」という飲み方が主流となった時代があり、それを日本に伝えたのが、栄西禅師です。
臨済禅を学ぶために中国にいた栄西禅師が、帰国のときにお茶の種を日本に持ち帰り、京都のお寺に贈り、そのお寺が茶園を開いて、それが日本国内で最初の本格的なお茶の生産の始まり、と言われています。
お寺の境内には、日本でお茶が最初に始まった場所、ということがわかる、石碑が建てられています。

栄西は、「喫茶養生記」を書き、これをお茶と一緒に鎌倉幕府の3代将軍の、源実朝に献上します。
このことで、武家社会においても、喫茶の習慣が広がっていった、と言われています。
室町時代になると、茶園は関東にまで広まっていきます。
この頃、東寺南大門で、お寺を参る人たちにお茶を出す商売が始まります。
これが、今の喫茶店の起源、とされています。

江戸時代には、足久保、宇治の高級茶葉を使った茶店が誕生して、とても繁盛したそうです。

こうしてお茶の歴史を振り返ってみると、「日本の歴史はお茶とともに歩んできた」といっても過言ではないでしょう。

2016年6月11日

抹茶のスイーツと夏の思い出

日本茶の中でも、特に抹茶はよくお菓子に使われています。
癖がなく、さわやかな風味がスイーツに最適ですよね。

私が特に大好きなのが、抹茶アイスクリーム!
アイスクリームの濃厚な風味と、抹茶のさわやかさと新鮮なお茶の風味が、とてもよく合っていて、アイスクリームの最高傑作、と個人的には評価しています。
紅茶などとは違って、発酵させていないから、新鮮なお茶の味がそのまま楽しめるし、お茶そのものの味が活きていて、最高に美味しいですね。

アイスと並んで好きな抹茶スイーツは、抹茶チョコレート!
チョコの濃厚さとまろやかな口どけに、抹茶が本当に合っていますよね。

抹茶は日本のものなのに、意外とスイーツに合うんですよね。

日本人って、海外の食べ物を取り入れたときに、うまく日本のものと融合させて、さらに美味しいものを作り上げるセンスは、非常に高い、と感じています。

ただ、抹茶にもグレードがあって、質の低い抹茶をつかったお菓子は、あまり美味しく感じませんね。

せっかくなら、上質な抹茶を使って作られたスイーツが最高ですね。

参考:http://www.greendoorgiftsandantiques.com/itohkyuemon.html

抹茶のスイーツが大好きな私は、抹茶そのものを飲んだことがなくて、近所のスーパーで抹茶を買ってきて、飲んでみたことがあるんです。
ただ、安い抹茶だったからなのかもしれませんが、あまり美味しく感じなかったんですよね。
やはり、抹茶は質が高いものじゃないと駄目なんだ、とそのときに知りました。

抹茶で一番有名な地域は、やはり京都ではないでしょうか。

私が小学生くらいのときに、京都に旅行に行ったことがあります。
その時、グリーンティーという飲み物をはじめて飲んだんです。
「こんなに美味しい飲み物が世の中にはあるんだ」と感動した覚えがあります。

そのときは真夏。
京都は本当に暑くて、冷たいグリーンティーが最高に美味しかったんです。

家でも同じ味を再現したくて、子供ながらにいろいろ考えた結果、煎茶に砂糖を入れて飲んでみたんですが、当然違ったものができて、「なんで味が違うんだろう」と不思議だったことを、今思い出しました。

小学校時代の家族旅行は、とても懐かしい思い出として、今でも鮮明に記憶の中に焼きついていて、ふとしたきっかけで思い出すんです。

何かを食べたとき、「そういえば、これってあの旅行のときに始めて食べたな」と、当時を思い出して懐かしく思ったりします。

2016年6月10日

お茶の産地について

日本茶の代表的な産地を紹介します。
北は新潟から、南は鹿児島まで、有名なお茶の産地は、日本全国に分布しています。

新潟県の村上茶は、商業茶園の中では最も北にあるお茶、と言われていて、日のあたる時間が短い分だけ、甘みが強くなって、風味もよく、非常に人気が高いお茶として有名です。

また、埼玉県の狭山茶は、日本三大茶の一つとされていて、茶葉に厚みがあるため、濃厚な風味が特徴です。
茶葉が少なくても濃い味が出やすい日本茶です。

そして、静岡県は、日本最大のお茶の産地で、静岡茶の有名な銘柄としては、本山茶、川根茶、掛川茶などが知られています。
静岡茶も、日本三大茶のひとつです。
銘柄も非常に多く、味、そして香りも様々なものがあります。

京都の宇治茶も同じく、日本三大茶のひとつで、高級な銘柄として知られています。
抹茶の生産量では日本一を誇っています。

そして、日本茶の産地としては後発組のほうですが、日本全国で4位の荒茶生産量を誇っているのが、宮崎県の宮崎茶です。
特にカテキンが多く含まれています。

お茶の産地としては、大変失礼ながら九州は知らなかったんですが、ネット通販を利用して、九州の日本茶を取り寄せたことがあります。風味もよく、なかなかおいしくて、驚きました。

日本茶は、それぞれの銘柄でまったく味が違っているので、たくさん飲み比べてみて、自分の好みを探してみるのも楽しいでしょうね。

2016年6月 9日

日本茶の種類について

日本茶は、実に様々な種類がありますが、ここでは、特に一般的なものを紹介していきます。

まず玉露です。
これは、日本茶の中では最高級のもので、お茶の新芽が2枚から3枚程度開き始めると、日光を20日程度遮って、うまみの成分であるアミノ酸を増やす、特殊な栽培方法で作られます。

日本茶で、質を求めるなら、玉露で間違いありません。

次に抹茶です。
抹茶は、お茶の葉を摘んで、それを蒸して、乾燥をさせて、茎などを取り除いた後、石臼でひいて作られます。
渋みがほとんどない、柔らかな甘みは、誰からも愛されています。

煎茶は、緑茶の中では一番親しみがある、といっていいでしょう。
代表的な日本茶のひとつで、蒸す時間が短いものを「普通蒸し煎茶」、それより2倍から3倍程度、長い時間をかけて茶葉を蒸すことで作られるものを「深蒸し煎茶」といいます。
飽きのこない味です。

玄米茶とは、基本的に番茶と、炒った米とを半分くらいの割合で混ぜたものをいいます。
香ばしさとお茶の風味の両方が味わえて、個人的にはかなり好きな日本茶です。

番茶は、新芽を使わず、2番目や3番目の芽を使うため、収穫が遅くなることから、「晩のお茶」ということで、「晩茶」と言われていたそうです。
独特の渋みがありますが、それもまた魅力のひとつです。

2016年6月 7日

私と日本茶

日本茶は、ほかの海外のお茶とは違って、とても新鮮な味が魅力的だと私は思うんです。
海外のお茶は、発酵させているようですが、日本茶は、基本的に発酵はさせずに作るみたいですね。

そのためなのか、お茶の味そのものの風味が生かされている気がします。

ただ、緑茶って、値段によって味が本当に違うんですよね。
安いものは、本当に味に納得ができないものが多くて、高級品は、本当においしいんです。

この差は、どこにあるんでしょうか?

あまりにも安い煎茶を飲むなら、私は玄米茶のほうがおいしい、と感じます。
だから、毎日飲むものは、最近は玄米茶が多くなっています。

最近では、ティーバッグに入っていて、お湯を注ぐだけで簡単にお茶ができるものもありますね。
意外と、これが美味しかったんです。

私にとっては、このティーバッグのお茶でも十分美味しいんですが、最高級のお茶は、きっと比べ物にならないくらい、美味しいんでしょうね。
ただ、あまりにも高いお茶を飲んでしまったら、きっと今までのお茶が飲めなくなってしまいそうで、それが不安で試すことができません。

だから安くて、しかも美味しいお茶を探し続けています。

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。